互換性を捨ててでも

どんなものでも互換性を捨てるというのは色々な難しさがあります.

シマノがディスクブレーキで過去の製品との互換性を捨てて新しいものを作ったことは, 9speedから10speedになった事よりも大きい変化に見えます.

いや, 単に「欲しいなぁ」というだけなんですが. まだVブレーキなので.

メンテナンス本にはディスクブレーキの取り付け全体についての詳細は載っていないですね.(色々事情があるんでしょう.) とりあえず通常MTBの整備に使う工具以外にブリーディングキットとホースカッター(数百円から数千円まで色々ありますね)とフレアナットレンチを用意しておけば出来そうです. MTBだけでなく工具も好きなのでこういった事を考えるだけでも楽しいのです. 🙂 あっ, コネクタインサートの圧入方法も考えとかないとダメですね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です