Waylandはデスクトップマスコットの夢を見るか(2)

Waylandでninix-ayaを動作させる方法については、(1)で書いた相対位置制御が有力候補です。

しかし、そのためにはサーフェスやバルーンをポップアップウインドウにする必要があります。(現状のGtk+でWaylandのsubsurfaceを使うには、独自Widgetを実装しない限りポップアップ系Widgetしか選択肢がありません。)

ここで問題になるのがポップアップはフォーカスを持てない(キーボードからの入力を受け付けられない)という点です。この点に何か良い解決方法があれば、Wayland対応は出来そうなのですが……
# 根本的に設計し直すという方向も無くはないと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です